コース紹介course

英語の指導方針

中学3年間、高校3年間成増塾で勉強するのどこまで英語は伸びるのか。

成増塾中学部英語クラスのおおまかな到達目標は次の通りです。

  1. 中学初級 中学3年分の英語の枠組みを作る。
  2. 中学中級 高校英語の文法事項を学習する。英検準2級合格。
  3. 中学上級 全員が英検2級に合格。センター試験の問題にも取り組む。
  4. 高校初級 英検準1級に合格。センター試験9割得点。
  5. 高校中級 英検1級に合格。難関国立大学で高得点。
  6. 高校上級 東大等最難関レベルの問題で高得点できる学力。

毎年、上記のような速いペースで進んでいますがしっかり復習をしてくれれば途中でついてこられなくなることはありません。復習時間は1日10-15分を目安にしてください。記憶を定着させる観点からすると、復習は塾に来る直前に復習をするのではなく10分でも15分でもよいので毎日行うことが大切です。英語に関する限り、成増塾の授業だけでどんな難関高校、難関大学でも余裕をもって合格する実力がつくことがお分かりいただけると思います。みなさんも先輩に続いてがんばりましょう。

中学初級クラス

中学英語の全範囲(文法事項)をひと通り学習します。受講者はこの講座で、中学で学習する英語の全体像が把握できるようになります。
例年、成増塾の授業では夏休みまでに中1の内容を終え、夏休みからは中2の内容に入ります。10月ごろから中3の内容に入り、翌年の1月には公立中学が中学3年間で学習する内容は一通りやり終えます。
また、2017年より成増塾では英語の多読を導入しています。成増塾の英語を受講する生徒には全員の方に無料で多読の指導を行います。多読は中学の文法事項の学習が終了した時に本格的に開始します。中学の文法事項の学習が終了していれば自分の力で理解しながら読める本は格段に増えるからです。

中学中級クラス

初級クラスで学習した内容を復習しつつ、公立中学では学ばない高校範囲の内容、例えば仮定法や複合関係代名詞などの文法事項を学習していきます。この時期は、初級クラスで学習した内容をさまざまな形で組合せ、完全に使いこなせるレベルまでみなさんの学力を高めます。また、単語、熟語も大学受験で出てくるレベルのものをたくさん学習します。単語や熟語は、単語集・熟語集で暗記することも最後には必要ですが日常の学習で使いこなせるようになれば機械的な暗記で無駄な時間・労力を使うことはなくなります。
成増塾の授業を受けていれば、特別に単語・熟語の勉強をしなくても大学受験で必要なもののほとんどをカバーできることになります。高校受験組の方は高校入試の英語の問題についている単語の注を参照せずに本文を読み進めることができるようになります。

中学上級クラス

中学中級クラスを終えるころにはみなさんは文法事項に関してはセンター試験などの基本的な大学受験の問題を解けるレベルにまで達しているはずです。
ちなみに、高校入試の問題について言及すると、灘や開成といった難関高校の入試問題は大学受験の基本~標準レベルの問題と同程度です。現在、高校入試の問題で一番難しいのは灘高です。灘高校の入試問題の中には国立大学で出題されるのと同程度のものもあります。東大理Ⅲ(医学部)や文Ⅰ(法学部)を狙う生徒は灘高校の入試問題で合格点をとれるようになる必要があります。
公立中学に通う高校受験組の生徒には冬休み前くらいから各自の志望高校の入試問題を課題として出し、個別に指導を行っています。
この時期から英検やセンター試験で出題された英文を使って本格的に読解の力を養成していきます。中3が終了する時点で英検2級に「満点で」合格することが目標です。ただ合格すればよいというのではなく「満点で」合格することを目標にすることが大切です!実際に成増塾で中この時点で英検2級に合格しています。

高校初級クラス

英検準1級レベルの英文を正確に日本語に訳せる読解力を養成します。ちなみに、「英検に合格する」ことと「英検の問題を正確に読める」ことは同じではありません。英検の問題は記号式なのであてずっぽうにマークしても合格点(6-7割)が取れてしまうことがありますが、それは「正確に読める」ことを意味しません。
センター試験の英文はほとんどが英検2級レベルですが、英検2級に合格するだけではセンター試験の点数はせいぜい5-6割くらいしかとれません。成増塾では英検準1級を高1のうちにとることを目標にします。英検準1級の問題が正確に読めれば、東大の問題(要約問題等)でもかなり読むことができるようになります。高1の生徒は早い人ならこの時期に東大の英語の問題を正確に読めるようになっています。

高校中級クラス

英検準1級に合格するレベルだと、東大をはじめとする難関大学の問題でも時間さえかければ正確に読めるようになっています。中級クラスでは英検1級レベルの英文にも挑戦していきます。ここでも基本は「正確に読む」ことです。1級レベルの英文が正確に読めるなら、東大以外の国立大学の問題は制限時間内に合格点を上回る高得点をとることができるようになります。東大の問題でも合格点(6割)をとることができるようになります。早稲田・慶応といった難関私立で出題される英文の中にはこのレベルを超える英文(NewsweekやScience等、ネイティヴが読む雑誌に手を加えていないそのままの英文)がありますが、そのようなものであってもほとんどを正確に読むことができるようになります。中級クラスで英検1級に合格することを目標にします。

高校上級クラス

中学中級クラスを終えるころにはみなさんは文法事項に関してはセンター試験などの基本的な大学受験の問題を解けるレベルにまで達しているはずです。
ちなみに、高校入試の問題について言及すると、灘や開成といった難関高校の入試問題は大学受験の基本~標準レベルの問題と同程度です。現在、高校入試の問題で一番難しいのは灘高です。灘高校の入試問題の中には国立大学で出題されるのと同程度のものもあります。東大理Ⅲ(医学部)や文Ⅰ(法学部)を狙う生徒は灘高校の入試問題で合格点をとれるようになる必要があります。
公立中学に通う高校受験組の生徒には冬休み前くらいから各自の志望高校の入試問題を課題として出し、個別に指導を行っています。
この時期から英検やセンター試験で出題された英文を使って本格的に読解の力を養成していきます。中3が終了する時点で英検2級に「満点で」合格することが目標です。ただ合格すればよいというのではなく「満点で」合格することを目標にすることが大切です!実際に成増塾で中この時点で英検2級に合格しています。

2017年4月より成増塾は英語受講者全員に無料で「多読指導」を行っています!

成増塾は2017年より英文の多読指導をスタートしました。

英文の多読指導は「生徒に自分の現在の英語力で読める本をどんどん読ませる」指導法で近年、多くの学校で取り入れられるようになってきています。英文多読には英語の学力を総合的に向上させる効果があります。
多読により多くの英文に接することで生徒は知らず知らずのうちに英語に対してネイティヴスピーカーと同じような感覚をもち、英語を英語のままで理解することができるようになります。また多読指導には英文に対する理解力を深めるとともに、英文を読む速さを飛躍的に高めリスニング力を向上させる効果もあります。
文法学習を前提としない多読指導では難関大の入試には不十分です。
このように英文の多読指導には多くのメリットがある反面、文法学習と組み合わせないで多読だけを行う場合、一定の効果を上げるには3年以上の長い時間が必要になります。また、文法学習を受けずに多読だけで英語を学んでいる生徒は英文構造を文法的に正しく理解することができるようになりません。多読指導を行う一部の学校や塾の中には「文法学習は英語を身に着けるのに有害である」という考えに基づき文法学習を軽視しほとんど行わないところがあります。そのような指導を受けている生徒はいつまでたっても文法的に正確に英文を読んだり書いたりすることができるようになりません。私は成増塾で英語を指導する中で、文法学習を軽視し多読やリスニングだけで英語を学んできた生徒に出会うことがあります。そのような生徒は「英文の内容を素早く大雑把につかむことは得意だが、正確に英文を読んだり書いたりすることは苦手」であることが非常に多いのです。
成増塾で行うのは文法学習を前提とした上での多読指導です。
難関大学の入試英語は現在でももちろん「読み、書き」を中心に行われています。大学で勉強するには英語の文献を正確に読み、文法的に正しい英文を書けることが当然の前提だからです。国立大学の英語の問題を見ればすぐにわかる通り今でも入試問題の多くが「下線部を和訳せよ。」とか「下線部を英訳せよ。」といった英文和訳、和文英訳で構成されています。また東大を始めとする全国の難関大学では要約問題や英文中の下線部を説明する問題が必ず出題されます。これらの問題で合格点を取るには「英文の内容が大雑把にわかっている」というだけでは全く不十分で、文法的に正しく英文を理解していることが絶対に必要となります。つまり、英語を文法的に正確に読んだり書いたりすることができなければ入試の英語で合格点を取ることはできないのです。
成増塾は以上のような難関大学の入試英語の現状を前提とし、入試問題を確実に解ける真の英語力を身に着けてもらう指導を目指しています。すなわち成増塾で目指している多読指導は「文法学習で正確に英文を理解できるようにした上での多読指導」なのです。
成増塾での英語指導の基本的な考え方は「文法学習で正確に文法的理解をすることは英語学習において決して有害なことではなくむしろ多くのメリットがある」というものです。以上私が述べてきたことから、このような考え方こそがどんな難関大学の入試でも確実に突破できる正しい考え方であることをご理解いただけたことと思います。
成増塾の英語を受講する生徒は全員が無料で多読指導を受けることができます。

「成増塾英語多読ライブラリー」がオープン!

成増塾は「文法学習の重要性を認識しつつ多読指導の多くのメリットも同時に手に入れるべきである」という以上のような考え方に基づき、2017年より成増塾で英語を受講するすべての生徒に無料で多読指導を実施しています。
現在、成増塾は各生徒の英語力に合わせて楽しみながら読んでいける英語の本を続々と入手しており「成増塾英語多読ライブラリー」を2017年に高田馬場校にオープンしました。【ライブラリーのオープンは高田馬場校から始め、順次、他の校舎にもオープンしていきます。】また「成増塾英語多読ライブラリー」には英語の本だけでなく英字新聞、英語の雑誌、英語のコミック、DVDやCDなども多く取り揃え、成増塾生全員が楽しく英語力をアップさせて行ける環境にしていきます。生徒には英語の本や雑誌、コミックを読むたびに「読書ノート」をつけてもらい、何を読んだかの記録をしてもらいます。
また、環境面の充実だけでなく、多読指導の第一人者をしている講師の方を成増塾に顧問としてお呼びし成増塾での多読指導を全面的にバックアップしてもらうことも決まっています。
「英語を楽しみながら学び、入試でも高得点をとれる実力をつけたい」という生徒にとってまさに理想的な環境が成増塾で実現していきます。みなさまの積極的な参加をお待ちしています。

数学の指導方針

数学の学力を伸ばすのに必須の論理的思考力と表現力を早い段階で身に着ける。

成増塾中学部 数学科の目標は「数学の学力の土台となる論理的思考力と表現力」を身に着けてもらうことです。
難関大学の数学の問題で重要なのは論理的思考力と表現力です。これが具体的に何を意味するのかをこれから説明しましょう。
みなさんの中には数学は答えさえ合っていればよいと考えている人はいませんか。これが間違いであることは東大を始めとする難関大学の数学の問題の解答用紙を見ればすぐにわかります。解答用紙として渡されるのは、「ただの白紙」です。受験生は、この白い紙の上に、自分はどのように問題に取り組んだか、という思考過程を理路整然と説明していく必要があるのです。つまり、難関大学の数学の採点者は最終的な答えだけではなく、結論に至る論理的な思考力と、それをきちんと伝えることができる表現力を見たいのです。
これは、入試問題の現場で採点をしている大学の先生方の声からも明らかです。毎年、東大を始めとする所要大学の入試問題の採点者が集まって行う会議で出される声明文にも同じ趣旨のことが書かれています。
成増塾数学科では、答案の書き方を一から指導していきます。自分で理解したことを採点者にわかるように理路整然と書いていく力は一朝一夕に得られるものではありません。

高校数学につながる計算力は中学時代に培うしかない。

また、中学数学では文字式、方程式、因数分解が登場します。これらは高校数学を学習する前提となる学力なので、中学生のうちに十分な計算力をつけておく必要があります。いくら問題解法に対する「ひらめき」があり、解答までの道筋を読めたとしても、それを最終的に解答まで導いていくのはやはり確固たる計算力です。そして、確固たる計算力は中学数学を学ぶ過程で地道に習得するしかありません。
授業に出て「わかった」と思っても、いざ自分で解きなおすと実はよく分かっておらず同じ問題でも解けないことがあります。成増塾の授業では「わかった」から「解ける」レベルに生徒全員を導くために、小テストを頻繁に取り入れます。

中学数学の範囲は中1中2で終わらせます。中3では高校数学の数ⅠAの学習をします。高校受験組には難関高校の入試問題の対策をします。

成増塾中学部の数学の進度は中高一貫校の進度に合わせ、中1、中2で中学数学の全範囲を終わらせます。ここまでは高校受験を考えている公立中に通う生徒も同じです。
中3時には中高一貫校の生徒は高校数学の範囲であるⅠAを学習し、高校受験組は難関高校合格に向けて高校入試の問題を解いていきます。

国語科の指導方針

国語はすべての科目の土台になる基礎科目。

国語力と他の教科の学力は密接不可分に連動しています。これは入試レベルが高ければ高いほどますます当てはまる事実です。
2021年から文科省は現在のセンター試験を廃止し新しいテストを導入することに決めました。新しいテストの主眼はズバリ、「思考力と表現力を見ること。」です。
新しいテストでは、従来のような知識偏重型の試験形式ではなく、生徒の論理的思考力と、自分が理解したこと、考えたことを、説得力を持って表現できる力が問われます。
論理的思考力はすべての科目の土台になる能力です。数学はもちろん、理科、社会などでも、ある問題を考える際に、与えられた条件や資料をもとに筋道を丹念に追っていく論理的思考力は一番大切な能力です。
国語力がなければ他教科の成績も上がらないことをまず英語を例にあげて考えてみましょう。
中学生のみなさんにはまだ遠い先の話に思えるかもしれませんが、東大の英語の問題の話をしましょう。

東大や医学部、慶応の英語は高い国語力がなければ解けない。

東大の入試の英語問題を解くには、英語ができるだけではダメで高い国語力が必要とされます。例えば、東大の英語の問題では毎年必ず1問目で要約問題が出されます。要約問題は英語を日本語に訳せるだけでは点数がもらえません。与えられた英文から「この文章の筆者はいったい何が言いたいのか」ということを的確に捉えて、簡潔な日本語で表現する必要があります。つまり、要約問題を解くにあたっては英語力のほかに国語力が必要となるのです。さらに、東大の英語の2問目では、文章の並び替え問題が出されます。英語の長文の全体構造を捉え、論理展開を予測しながらバラバラになった文章を正しい順番に並び替える力もまさに国語力そのものといえます。ちなみに、慶応の医学部の問題にも東大と同様、要約問題、文章並び替え問題がしばしば出題されます。現在のセンター試験でも、記述式ではありませんが、要約、文章並び替え問題が毎年のように出題されます。
東大や慶応の医学部以外の難関大学でも英語で高い国語力を要求する大学はたくさんあります。
例えば、国立医学部の中で東大理Ⅲに次ぐ最難関レベルといわれる東京医科歯科大学【略称、医科歯科】の英語の問題がその一例です。医科歯科の英語は超長文問題が一題だけ出されます。そして、必ず出される設問が「この文章の筆者が〇〇についてどのように考えているのかを500字-600字の日本語で書け。」といった非常に長い論述問題なのです。「500-600字」というとちょっとした小論文ともいえる長さなので、生半可な理解、表現力では全く太刀打ちすることはできません。この医科歯科の問題からも英語の成績を上げるためには英語が読めるだけではダメで、理解したことをかなりの長文で正確に表現する国語力が必要なことがお分かりいただけることと思います。
さらに、東大、一橋、早稲田といった難関大学では、世界史、日本史、などの社会科目も400-600字程度の論述問題が出され、大きな配点がなされています。このような論述問題を解くにも国語力は不可欠であることはお分かりいただけると思います。

授業では論理的思考力と表現力を徹底して身に着けてもらう。

成増塾中学部の国語の授業では、みなさんが絶対に身に着けておくべき論理的思考力と表現力を鍛えることを主眼とした授業を行います。
授業では入試問題を一緒に解いていきますが、ただ正解、不正解を見つけるのではなく「筆者はどのような論理展開をしているのか。」「なぜこの答えでなければいけないのか。」ということを生徒と双方向のやり取りをすることで徹底的に考えていきます。
そのような勉強を続けていれば、どんな難問が出ても自分で筋道を立てて考えられるようになり、国語だけでなく他教科にも大きなプラスの影響を与えることになります。

たくさん本を読むことが最高の入試対策。

なお、授業以外でみなさんにお願いしたいのは、「とにかくたくさん本を読んでください。」ということです。
私は長年の指導で「本をたくさん読む生徒は特別な勉強をしなくても国語の成績がよい。」ということを知っています。たくさん本を読んでいる生徒、中でも入試問題に出題されるような作家の本に日常的に触れている生徒は何の努力もせずに国語で高得点を取ることができることが多いのです。とりわけ小説の問題ではこれが当てはまります。入試問題に出題される作家はネットで検索すればすぐにわかるので自分の好みに合いそうな作家の中から始めてみてはいかがでしょうか。

授業の中で一人一人の答案にコメントします。

さらに、記述・論述問題ではみなさん一人ひとりの解答を授業の場で示し、不足している点を追加し、間違っている点を正していきます。授業に参加する生徒はその場で自分の書いた解答がどう評価されるかをすぐに知ることができるのです。また、難関校をめざす他の生徒の答案を見ることも大変参考になります。当然のことですが、「自分の意見を書け。」といったタイプの問題に対して、答案は生徒ごとに異なるので、自分以外の生徒の異なる意見を授業で知ることで問題に対する理解を深めることができるのです。

理科・社会の指導方針

高校入試に必要な中3生対象

隔週1回のテスト形式の授業で理科・社会の重要事項を最も効率よく身に着ける。

理科・社会科では入試頻出のテーマを、講義形式ではなく、それぞれ隔週1回のテスト形式で勉強していきます。
講義形式ではなく、テスト形式にするのは、それが、必要な知識を身に着けるのに一番効率の良い方法だからです。
テスト形式の授業とは、テストで出題される範囲を塾のテキスト教材で予習し、週1回、その予習した範囲の問題を解き、そのあとに解説を受けるというスタイルの授業のことです。テストの答案は翌週までに採点し返されます。
難関高校の入試に臨む中学3年生にはやるべきことがたくさんあります。英語、数学、国語の問題を解くのに手いっぱいで、なかなか理科、社会の授業を週に3回も4回も受ける時間はないはずです。成増塾のテスト形式の授業で最も能率よく知識を身に着けてください。

勉強の仕方、ノートの作り方も徹底的に指導。

また、成増塾の理科、社会の授業では、どうやって勉強したらよいかも徹底的に指導します。入試直前に短時間で見渡せる効果的なサブノートの作り方、志望校に余裕をもって合格するためのスケジュールの立て方、問題集の選び方、等を具体的に教えます。
ここでみなさんが習得した勉強法は今後の人生においても必ず大いに役に立つはずです。

page top